人物のレイアウトを決めてからレンダリングしたパース【内観CGパース】

人物のレイアウトを決めてからレンダリングしたパース

「賑やかさを出したい」

クライアントからの要望でアングル決定後、人物のレイアウト先行でレンダリングしたパースです。

このアングルで、当たり前にテーブルと椅子をレイアウトすると面白くない絵になってしまいます。

添景素材を販売しているNO-N-NOさんの人物を購入して、パースに使わせて戴きました。

あらかじめ、配置する人数を決め、人物の配置に気を配りました。

この絵では、利用者の方が、介護士を向くようにイメージして配置。

後ろ向きになる人物のイスを反転させ、車椅子が入る部分は、椅子を省きレンダリングをかけます。

思い通りに出来た1枚です。

このパースは、天井からのトップライトの光とダウンライトの光。照明の光り。

光源がいくつもあるため、人物の影も一つではなく、複数重なるように意識して落としています。

これでも、まだ淋しいと言うことで、さらに小物や添景を使って表現しました↓

パースの雰囲気を変えてしまう人物添景。 奥が深いです。

あとがき

添景素材を販売しているNO-N-NOさんはアトリエブラウン株式会社の遠藤さんが作られている添景サイトです。元パース屋さん目線で作っているだけに、良い素材がたくさんそろっています。

手描きパース出身の私が、25年前にCGを始めた頃に、アトリエブラウンの遠藤さんに使い方をご教授して戴いた経験があります。

お問い合わせ

建築総合プレゼンテーションPLUS

お電話でお問い合わせ 

tel:080-3376-8686

メールアドレス  plus10@mac.com

メールフォームでお問い合わせはこちら⬇︎⬇︎⬇︎

    必須 ご相談内容 ご相談お見積もりお問い合わせその他
    必須 お名前
    必須 メールアドレス
    任意会社名
    必須郵便番号
    必須都道府県
    必須ご住所
    必須お電話番号
    必須メッセージ本文  

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    こんにちは!建築総合プレゼンテーションプラス 代表:鎌田光爾郎です。 毎作品毎に心を込めて制作しております。  お気軽にお問い合わせください。